やっきーの沖縄移住Life

24歳で沖縄に移住したデザイナーの日常

ちょっと宣伝です。

 

どーも、やっきーです。

 

この場を借りて少し宣伝させていただきます。

 

最近インスタでイラスト用アカウントを開設いたしました!

毎日1作品upしていく予定なのでよければ見てってください!

 

フォロー、いいねをしてくれたらとても嬉しいです!

 

よろしくお願いします!

 

Granbrillo

https://www.instagram.com/p/B4AgnuflIXx/?igshid=1vl645g7rq5ij

沖縄出身のイラストレーター「Ms.Little Chico」さんの個展へ行ってきました!

どーも、やっきーです!

 

今日は沖縄市の「コザ」で開催中の沖縄出身イラストレーター「Ms.Little Chico」さんの個展へ行ってきました!

 

「Ms. Little Chico」さんはアメリカのカートゥーンやカルチャー、ストリートアートに影響を受けたポップなイラストが特徴です。

 

東京でも活躍していて、あの「りゅうちぇる」とのコラボグッズなど展開してる今若者の間で話題のイラストレーターさんです!

 

では、さっそくレポートしていきます!

 

場所は下記で開催されています↓

 

創造工房ニライカナイ&STOCK ROOM GALLERY
〒904-0002 沖縄県沖縄市中央2丁目7−40
098-927-2432
https://goo.gl/maps/2ET72aMYiFKK2um98

 

※10月14日までなのでお早めに!

ちなみに入場料は18歳以上は1,000円でした。

 

テーマは「The Food」

ジャンキーフードやフルーツをアメリカンレトロタッチで描かれててめちゃくちゃ可愛いです。

また、1つ1つの絵にストーリーや成立ちがあってすごく素敵でした!

f:id:yakky1112:20191006215202j:image

f:id:yakky1112:20191006220318j:image

f:id:yakky1112:20191006220429j:image

f:id:yakky1112:20191006220446j:image

f:id:yakky1112:20191006220519j:image

f:id:yakky1112:20191006220537j:image

f:id:yakky1112:20191006220558j:image

f:id:yakky1112:20191006220811j:image

f:id:yakky1112:20191006220845j:image

 

中でも本人渾身の作品がこちら↓

f:id:yakky1112:20191006220631j:image

「ポテチカーテン」です!

カーテンを手をかけたりして写真を撮れるとのこと。

めっちゃインスタ映えですね!

 

ポスターも全部可愛くて家に飾りたくなります!

f:id:yakky1112:20191006220906j:image

 

中でも僕が気に入ったのが

f:id:yakky1112:20191006221027j:image

レモン農場の夫婦をイメージして作られた「レモン・タイムス」

キャラクターはリー&イーという名前らしいです。

 

グッズも販売してます!

f:id:yakky1112:20191006221815j:image

f:id:yakky1112:20191006221845j:image

 

今回は「ホットドッグのサコッシュ」と「レモンタイムスなどのポストカード」を購入

 

他にも新商品が出されるかもなのでインスタで確認してみてください↓

https://instagram.com/chico_illustration?igshid=45fsh9wwt4aw

 

あと、どうでもいい話ですが僕と大学もゼミも一緒でした!びっくり笑

 

それでは!

読谷のオシャレで美味しいタイ料理屋さん

 

どーも、やっきーです。

前回のぜんざいに引き続き、もう一軒のお店も紹介します。

 

アジアン食堂「シロクマ」

f:id:yakky1112:20190929231540j:image

〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村字都屋304
098-923-1980
https://goo.gl/maps/BXTc1Wut7UUvxpdq9

 

少しわかりにくい場所にありますが、ナビを使えば辿り着くかと思います。

裏の駐車場は広く、そこからもお店に入ることができます。

f:id:yakky1112:20190929232003j:image

 

店内はタイ雑貨と木で作られていてとても可愛らしかったです。

f:id:yakky1112:20190929232126j:image
f:id:yakky1112:20190929232123j:image

 

今回はお昼に来店したので、ランチメニューを注文しました。

f:id:yakky1112:20190929232242j:image

僕はガパオライスのセットをいただきました。

お好きなドリンクと春雨サラダが付いてきます。

ちなみにドリンクはマンゴージュースを選択。

 

ガパオは辛くないので辛いのが苦手な人には安心です。

量もちょうどいい感じでした。

 

お値段は全部で850円程。

 

他にもグリーンカレーパッタイのセットなどもあったので気になった方は行ってみてくださいね。

 

10月もまたよろしくお願いします!

それでは!

読谷のレトロなぜんざい屋さん

はいさい!

どーも、やっきーです。

 

今回は読谷にあるぜんざい屋さんに行ってきたのでシェアしたいと思います。

 

もう夏終わったって?

そこは許してくださいm(_ _)m

多分まだやってると思います笑

 

因みに「ぜんざい」とは甘い煮豆が入った沖縄のかき氷です。

 

鶴亀堂ぜんざい

f:id:yakky1112:20190929024913j:image

 

〒904-0301 沖縄県中頭郡読谷村字座喜味248−1
098-958-1353
https://goo.gl/maps/tv2P1c2PuzrNmVEn6

 

「座喜味城址」の近くにあります。

外観は一見普通のお店ですが、中に入ってみると…

f:id:yakky1112:20190929025351j:image

店内の至る所にカキ氷機がいっぱい置かれています。

しかもどれも昔懐かしいものばかり。

これ全部使ってたのかな?と気になってしまいますね。

 

また、「まいう〜」でお馴染みの石ちゃんのサイン色紙も飾られていました。

結構老舗なのかもしれないですね。

 

そして注文したものがこちら↓

f:id:yakky1112:20190929025815j:image

「マンゴーかき氷」

甘酸っぱいマンゴーのシロップに大粒のマンゴーも入った贅沢な一品です。

お値段600円くらいでした。


f:id:yakky1112:20190929025818j:image

「カルアミルクカキぜんざい」

カルアミルクってお酒って思いましたが、お酒は入っておらず、まんまコーヒー牛乳味のぜんざいです。

下には煮豆と白玉が敷かれてました。

お値段は約450円程です。

 

どちらも台湾カキ氷並みのふわふわで美味しかったです。

 

因みに近くの城址はこんな感じ↓

f:id:yakky1112:20190929030504j:image

 

小さい城址でしたが、外国の方など観光客が結構来ていました。

 

観光で訪れた際は是非ぜんざい屋さんも立ち寄ってみてくださいね。

外からもオーダーできますよ。

 

今週も読んでいただきありがとうございます。

それでは!

 

 

 

沖縄限定の映えなタピオカを飲んでみた!

どーも、やっきーです。

 

今日は那覇で面白いものを見つけたので、みなさんにシェアしたいと思います!

 

今若者に人気の「タピオカ」

ゴンチャや春水堂など台湾からのお店が全国展開していて、どこもかしこも行列をつくっていますね。

 

なんと那覇にはここでしか飲めない沖縄らしいタピオカがあります!

しかもお店自体もカラフルでインスタ映え間違いないです。

 

そのお店がこちら!↓

 

TENKATSU麻亜蹴都(テンカツマーケット)

f:id:yakky1112:20190922203220j:plain

こちらのお店、今年の7月にオープンしたばかりでインスタ映えする沖縄料理を販売してます。

場所も分かりにくいディープな市場の中にあるので、並ばずに買うことができます!(多分今だけ)

 

中はカラフルなネオンで装飾されていて、とてもフォトジェニックです↓

f:id:yakky1112:20190922204704j:plain

 

メニューは

・TENKATSU(テンカツ)

・フライドソーキ

ジーマーミータピオカラテ

・ユニバース紅芋(大学芋)

琉球豆花

 

今回はその中の「ジーマーミータピオカラテ」を購入

 

f:id:yakky1112:20190922205726j:plain

沖縄の人気料理「ジーマーミー豆腐」とタピオカの夢のコラボです!

ちなみに「ジーマーミー」とは沖縄弁で「落花生」を意味します。

 

飲んだ瞬間、ナッツの風味と黒蜜が口いっぱいに広がります。

タピオカもモチモチしていて美味しかったです。

欲を言うならぷるぷるのジーマーミー豆腐が入っていたらよかったかな...。

 

ここで気になったのがドリンクに使われているストロー。

繊維質でザラザラした茶色のストローで他のお店では見たことないものでした。

調べてみると、容器は再生PET樹脂素材を使用したもの、ストローはプラスチックではなくバガスというサトウキビ搾汁後の残渣を再利用しつくられたものを使用しているみたいです。

他のメニューの容器も再利用できるようになっていて、沖縄の美しい海と豊かな自然の保全に務めているとのこと。

 

ただ派手なだけじゃなく自然に優しいところもポイントが高いですね。

 

気になった方は是非足を運んでみてくださいね!

下にマップとHPのURLを載せときますので、ご確認ください。

 

それでは良い週末を!

 

マップ↓

https://g.page/tenkatsu?share

 

HP↓

www.tenkatsu-market.com

 

【沖縄離島】伊平屋島に行ってきたので徹底解説します!

 はいさーい!

お久しぶりです、やっきーです。

 

現在沖縄は台風の影響で風が強いです。

なので1日中ゴロゴロしてしまいました(^▽^;)

 

先週は東京の友達が遊びに来たのですが、運良く晴れていたので沖縄北部にある「伊平屋島」へ行ってきましたー!

 

今回は「伊平屋島」について紹介していきたいと思います!

 

なぜここを選んだかというと、仕事でこの島の物産のチラシや販促物を製作させてもらっていたので、いつかは行ってみたいと思っていたからです。

 

伊平屋島

沖縄最北端にある細長い形をした有人島

琉球王国期にはお隣の「伊是名島」とともに琉球王統発祥の地と言われています。

お米や魚介の生産がとても盛んです。

f:id:yakky1112:20190921212213j:plain

 

伊平屋島までは今帰仁村にある「運天港」からフェリーに乗っていきます。

所要時間はおよそ80分

【料金】

・大人:往復¥4,640/片道¥2,440
・小人:往復¥2,320/片道¥1,220

 

今回僕たちはフェリーに車を乗せていきました。

軽自動車なので往復で12,920円でした。

天候が心配という方、島中を周りたいという方は車で行くことをオススメします。

車の大きさによって値段が違うので下記URLからご確認下さい。

時刻表も載っています↓

http://www.vill.iheya.okinawa.jp/detail.jsp?id=11805&menuid=4016&funcid=1

 

さて、まずはフェリーの様子から紹介していきましょう!

今回はこちらに乗船しました↓

f:id:yakky1112:20190921220706j:plain

中はクーラーが効いていて座席もいっぱいあり、とても清潔です。

3階まであるので綺麗な海を一望できます。

 

f:id:yakky1112:20190921221349j:plain

パステル調な水色の壁がフォトジェニックでかわいいですよ。

ぜひ探検してみてください。

※とても揺れるので物を落とさないように気をつけてください。

 

波に揺られて80分、ようやく伊平屋島に到着です!

まず最初に出迎えてくれるのが港にある「伊平屋村ポートターミナル」

ここでお土産が一通り買えたり、伊平屋の食材を使ったご飯が食べれるので是非寄ってみましょう!

f:id:yakky1112:20190921222501j:plain

 

お昼時に到着したのでまずは港から徒歩2分で行ける「海魚」さんへ昼食をとりました。

f:id:yakky1112:20190921223622j:plain

伊平屋の魚介を使ったご飯が盛りだくさんな食堂です。

なんとあの有名なさかなくんも訪れているそうですよ!

ランチメニューは全て650円ととってもリーズナブル!

しかも!伊勢海老を丸々1匹入った「伊勢海老汁」もこの価格でいただけちゃいます!

 

伊勢海老が入ってきた時だけなので日によっては食べられない場合があります。

残念ながら僕たちは食べれませんでした泣

 

そして注文したメニューはこちら!↓

f:id:yakky1112:20190921225007j:plain

「たこのみそ炒め定食」

噛み応えがあるたこと伊平屋自家製の甘辛いみその相性は抜群です!

思わずごはんがすすんでしまいます。

もずくと魚の出汁で作られたアラ汁もついてきました。

 

f:id:yakky1112:20190921225159j:plain

「チヌマンづくし定食」

沖縄でとれる魚「チヌマン」を雑炊、刺身、天ぷらで贅沢にいただけます。

特に雑炊は出汁がとっても効いていて疲れた体にとっても染みます。

 

f:id:yakky1112:20190921225242j:plain

「あばさー汁定食」

「あばさー」とはハリセンボンのことを言います。

ハリセンボンって食べれるんだ!と思わずびっくりしてしまいました。

味や食感はフグに近いです。まあ同じ仲間ですからね笑

骨があって少々食べづらいですが、満腹感を感じられること間違い無しです!

 

お腹がいっぱいなったら早速、綺麗な海を見に行きましょう!

オススメは島の南にある「野甫島」です。

1番目に乗せた写真はそこで撮った1枚、青がすごく綺麗です!

 

f:id:yakky1112:20190921233739j:plain

真ん中に見える橋は伊平屋島野甫島を結ぶ「野甫大橋」です。

ここで釣りや飛び込みをしている人がいっぱいいました。

 

野甫は「塩」が有名なので立ち寄った際は買ってみてくださいね↓

f:id:yakky1112:20190921234346j:plain

 岩塩のように粒が大きくお料理のアクセントにぴったりな塩です。

うまく説明できませんが、スーパーに売っている塩とは明らかに違うのがわかります。

とにかくめっちゃうまい!

 

もう一個伊平屋で僕が最もオススメしたいお土産がこちら!

f:id:yakky1112:20190921235235j:plain

パパイヤ玉城さんの「てるしの一味」です。

この一味、辛党の僕が一番美味しいと思う一味です。

普通の一味と比べて倍辛いけど、辛さの向こうに旨味があってめちゃくちゃ美味しいです!

どうやらこの一味のファンがいるそうで、沖縄本島のフェアではすぐ売り切れになります。

ここ伊平屋でしか手に入らない幻の一味なので、今回ゲットできたことが一番嬉しかったです笑

※辛いのが苦手な人は刺激が強すぎるかもなのでご注意ください。

 

おみやげの話は置いといて、観光めぐりに戻ります。

次に北に位置する洞窟のエリアへ行きました。

島自体そんなに広くなく、車も少ないので1日でほぼ周れると思います!

 

クマヤ洞窟

f:id:yakky1112:20190922000648j:plain

2億8000万年前に波や風によって侵食されてできた岩山洞窟。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が隠れたと言われ、「天の岩戸伝説」最南端の地として知られる聖地です。

下から見上げると迫力満点!

※洞窟の入り口はとても狭く、岩をよじ登らないと入れないのでお気をつけください。

f:id:yakky1112:20190922001811j:plain

中はこんな感じ。

特に何もありませんが、奥に何かが祀られています。

怖かったのでそこまでは行けませんでした。

 

念頭平松

f:id:yakky1112:20190922002742j:plain

伊平屋のシンボルにもなっている大きな松です。

樹齢は300年以上と言われ、久米島の「五枝の松」と並んで国の天然記念物に指定されています。

 

また、この松がある公園も独特な雰囲気なのでのんびりとおさんぽしてみてください。

f:id:yakky1112:20190922003738j:plain

 

旅行に来たら必ず見るもの。

そう、夕日ですね!

今回は北部の浜辺で寝そべって夕日鑑賞です。

f:id:yakky1112:20190922004955j:plain

あまりにも気持ちよすぎて寝落ちしてしまいました笑

やっぱり夕日って癒されますよね。

たくさん遊んだら町に戻って夕食です。

お店は少ないので昼に行った「海魚」さんでごはんを食べることになりました。

f:id:yakky1112:20190922005847j:plain

魚のフライ定食を注文しました。

こちらも650円ととても安いです。

サクッとしたころもにプリプリの魚は絶品です。

 

1日を締めくくるのは星空鑑賞!

と思いきや、この日は満月がめちゃくちゃ明るくて星があまり見えませんでした笑

伊平屋では「ムーンライトマラソン」という行事があるほど月が有名なのです。

月の明かりがが島全体を照らす照明と言われ、昔はこの明かりを頼りに生活をしていたんだそう。

これはこれでまた違った夜空を鑑賞できてよかったです。

f:id:yakky1112:20190922010857j:plain

 

2日目は帰りの便まで時間があったので、ポートターミナルの1Fにある「喫茶ヴィラージュ」というお店でごはんを食べました。

まぐろカレーが有名らしいのですがこの日はもう売り切れでミーバイ汁を注文しました。

f:id:yakky1112:20190922012530j:plain

ミーバイは沖縄でとれる有名な魚です。

魚の身はもちろん伊平屋でとれたあーさ(あおさ)や島豆腐がたくさん入った贅沢なだし汁です。

しかもお値段はこれで880円!

 

さらにこのお店、もずくが食べ放題なんです。

沖縄本島でもあまりないサービスなので嬉しいですね!

またお土産として売られている油味噌や海苔の佃煮なども自由にごはんにトッピングできます!

f:id:yakky1112:20190922013639j:plain

 

ごはんを食べた後はデザートです(食べてばっか(^▽^;)笑)

こちらは伊平屋限定のアイスです↓

f:id:yakky1112:20190922013954j:plain

ドラゴンフルーツとマンゴーのシャーベットです。

甘酸っぱくて暑い夏にぴったりです。

 

f:id:yakky1112:20190922014047j:plain

伊平屋の黒糖とキャラメルで作られたアイスです。

ネーミングがオヤジくさいですが、濃厚で美味しかったですよ。

 

さらに個人的にもうひとつオススメしたいお菓子がこちら↓

f:id:yakky1112:20190922014556j:plain

「うずまきもち」です。

とてもモチモチしていて甘すぎない安定の味です。

こちらもポートターミナルに売ってるので是非食べてみてください。

 

以上、伊平屋の魅力について紹介しました。

この島は人が全然出歩いてなくて、波の音だけが聞こえるすごく静かな場所です。

村の住民はみんな顔見知りで、互いに助け合って生活していて素敵だなと思いました。

 

都会を離れてのんびりとしたい人にとてもおすすめな島です。

離島観光を考えている方は是非行ってみてください。

 

それでは!

 

月1は通ってる「瀬長島温泉」を徹底解説!

はいさい!

どーも、やっきーです!

 

少し間空いちゃいましたが、久々に投稿します!(ネタがないなんて言えない...←)

 

今回は僕が月1で通ってる「瀬長島温泉」を徹底解説したいと思います。

 

実は沖縄ではお湯に浸かるという習慣があまりなく、温泉も少ないです。

ないちゃーの僕にとっては温泉はとっても恋しいもの。

なので、定期的に沖縄中の温泉を巡っています。

その中で僕が最もオススメするのが「瀬長島温泉」なのです。

 

さすがに中は写せないので、今回はイラストで紹介します。

 

琉球温泉 龍神の湯

瀬長島ホテルの地下1000メートルから湧き出る天然温泉を贅沢に使用。

施設内には壺湯、立ち湯、岩風呂等10種類の温浴施設と3種類のサウナなどがあります。

海や夕日を眺めながら気持ちの良いお湯に浸かれるのがこの温泉の魅力!

ホテル宿泊者でけでなく、日帰り利用も可能です。

 

【営業時間】6:00~24:00(23:00最終受付)

【料金】

▪️大人(中学生以上)平日1,330円 土日祝1,540円 ※入湯税・消費税込

▪️小人(小学生)/720円 ※消費税込 

▪️幼児/無料

(バスタオル、フェイスタオル、アメニティー付き)

 

※あかすり、マッサージは別途料金になります。

 

【アクセス】

 

館内は「金龍の湯」と「銀龍の湯」で分かれています。

それぞれ偶数日と奇数日で男湯、女湯と日替わり交換します。

どっちも内容はあまり変わりませんが個人的には金龍がオススメなので、どちらかになるかは事前に電話してみることをオススメします。

 

まずは体を洗うところからです。

なんとこの温泉ではアメニティーの種類が豊富で、シャンプー、リンスに至っては、「12種類」も揃っています!

各席によって種類が異なるので自分好みのシャンプーを発見してみてください!

また、脱衣所でも化粧水、乳液、ヘアオイルなど設置してあるので手ぶらで楽チンです!

f:id:yakky1112:20190901163229j:plain

 

内湯

体を洗ったら次は内湯に入りましょう!

週ごとに色んなお風呂を楽しめます。

デトックス効果のある月桃の葉を浮かべたお風呂」や「いい香りのするお花を浮かべたお風呂」、更には「光の演出を楽しめるファンタジーなお風呂」まで楽しめます!

どんなお風呂に入れるかはその日のお楽しみです!

f:id:yakky1112:20190901164113j:plain

 

内湯を楽しんだら次は露天風呂です。

種類ごとに紹介していきます。

 

岩風呂/寝湯

まずはスタンダードなものからいきましょう!

金龍だと岩風呂!

うちなーんちゅに合わせてぬるい温泉が多い沖縄ですが、ここは一番湯加減がちょうどいい気がします。

f:id:yakky1112:20190901171409j:plain

 

また、銀龍だと寝湯が楽しめます。

あまりの気持ち良さに寝落ちしてしまわないよう気をつけてください笑

f:id:yakky1112:20190901171632j:plain

 

ミストサウナ

ここでは塩を体に塗って入ります。

開いた毛穴に塩を塗ることで新陳代謝を高め老廃物を出し、様々な美肌・美容・ダイエット効果があるそうです。

僕はノーマルな塩しかみたことありませんが、日によっては「はちみつ塩」や「茶塩」などがあるそう

f:id:yakky1112:20190901172323j:plain

 

壺湯

その名の通り、大きな壺に浸かるお風呂。

両足を浮き輪のようにはみ出せばとても快適!

f:id:yakky1112:20190901172753j:plain

サウナ

今まで入ったサウナの中で一番熱い気がします笑

さらに毎日「9・14・17・19・21時」には北欧発祥の「ロウリュウサウナ」が開催されます。

アロマを含んだ水で炊いた蒸気を発生させ、大きなうちわで扇ぐことによって一気に発汗を促します。

これによって体が軽くなるそうです。

僕も何度か体験しましたが、熱くて1分も持たず出てしまいます笑

たくさん汗をかきたい人必見です!

※入る前に水分補給をしましょう。

f:id:yakky1112:20190901174006j:plain



立ち湯

瀬長島温泉といったらやっぱり立ち湯!!

普通の温泉と違って沖縄の綺麗なオーシャンビューを眺めながら浸かることができます。

特にサンセット時にいくのがオススメ!

お湯も熱くないのでずっと入っていられます。

僕はここで何も考えずただぼーっと海を眺めながら入るのが好きです(2時間くらいは入っていられるかも笑)

また、もう一つ大好きなポイントが足元に敷き詰められた石です。

人によっては痛いかもしれないですが、ちょうどいいツボにあたると最高に気持ちいいです!

f:id:yakky1112:20190901174951j:plain

 

 

お風呂からでたらやっぱりコレ!

コーヒー牛乳ですね!

休憩所で足を広げながら飲むと幸せな気分になります。

他にも炭酸など色んな飲み物があります♪

f:id:yakky1112:20190901175356j:plain

いかがでしたか?

行ってみたい!と少しでも思っていただけたら嬉しいです!

沖縄旅行に来た際に是非行ってみてくださいね!

 

それでは!